ちゃんかず@短期+長期投資で楽したい

短期投機と長期投資を組合わせて資産を最大化する

つみたてNISAのすゝめ【概論】

皆さん!つみたてNISAは設定していますか?

「そろそろ投資とかお金のこと考えないととは思うんだけど何して良いかわからない。」

最近こんな相談をよく職場で受けます。老後2000万円問題から、将来の「お金」について漠然とした不安を感じている人は多いようです。
この質問に対する自分の答えは決まっています。

「つみたてNISAを始めてください。そして米国もしくは全世界型の投資信託を積み立てて下さい。」

なぜつみたてNISAなのでしょうか?この記事で解説していきたいと思います。

 

 

 

投資信託と個別株

投資を人に勧める際、何から説明するか難しいのですが、まず投資信託の存在を知ってもらうのが良いと思います。
投資というと株の取り引きをイメージするかもしれません。具体的にはソフトバンクグループの株を6000円で100株買って7000円になったときに100株売却するというような取引です。これが個別株の取引です。
一方、投資信託は「個別株のセット」のようなイメージです。どのように個別株をセットするかはプロが考えてくれます。したがって私たちがすることは、「セットを選ぶ」、「お金を出す」だけです。
もちろん投資信託には証券会社などに払う各種コストがありますが、以下に説明する積立NISAでは金融庁が認めた低コスト商品しかないので安心です。

つみたてNISAとは

金融庁HPによると、

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。
NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。
イギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)をモデルにした日本版ISAとして、NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)という愛称がついています。

となっています。
ざっくりまとめると、「普通に投資したら利益の20%が税金で取られるけど、積立NISA制度を利用すると税金なし!」ということです!

つみたてNISAとその他のNISA

このページを読んでいる方はNISAにもいくつか種類があることを知っているかもしれません。しかし基本的には「積立NISAで投資信託に積立」だけ考えれば良いです。理由は以下の通りです。

  • 個別株銘柄選定の壁がないので個人のスキル不要
  • 自動で定期的に積立されるので本業に集中できる
  • どの商品を選んでも低コスト

NISAには一般NISAや新NISAもありますが、こちらは非課税期間が短かったり、銘柄選定のスキルが必要というデメリットがあります。
したがって投資経験者・初心者問わず、当ブログではつみたてNISAを第一にお勧めします。ただ、もし将来的に他のNISAへ変更したくなった場合でも変更は可能なので心配はいりません。

世界のどこかで経済は成長し続ける

友人に投資を勧めると決まってこう返されます。

「お金減るかもしれないんでしょ?やだよそんなの。」

東大経済学部の友人も早稲田の政治経済の友人もそう答えました。(もちろん馬鹿にしているのではありません。)私たちはバブル崩壊後の日本しか知りませんし、世界における日本の経済的地位が低下するさましか見たことがありません。なのでどんなに頭が良くても本能的に拒否感を示してしまうのかもしれません。

以下に米国株の代表的な指数である「SP500」の直近30年チャートを示します。

f:id:Chankazu:20201101165418p:plain

SP500直近30年間の推移(TradingViewより)

どうでしょう?たびたび暴落はあるものの力強く回復しており、どんなタイミングで購入していても辛抱強くホールドしていれば資産は増えています。

次に日本の代表的な指数であるTOPIXを以下に示します。

f:id:Chankazu:20201101172751p:plain

TOPIX直近30年間の推移(TradingViewより)

どうでしょう?入金タイミングによってはプラスになる可能性はありますが、SP500を見た後では見劣りしてしまいますね。

つみたてNISA制度を利用した投資信託の購入で最も重要なのはどの国・地域に投資するかの選択です。上述のチャートを見れば最もお勧めできるのは米国株です。米国経済が未来永劫成長し続けることはありえません。しかしこの積立NISA程度の期間においては米国の覇権は揺らがないと私は考えています。

  • 世界最強の軍事力(空母一隻で一国の空軍を超える戦闘力)
  • アカデミアの発展(世界中から優秀な人材が集まる)
  • 覇権言語である英語が自国語
  • 基軸通貨ドルを発行できる
  • 市場の透明性がある
  • 人口が増え続ける

以上の理由から今後も資本はアメリカに集まり続けると考えます。今後中国の力は増すかも知れません。しかしアカデミアの発達・市場の透明性という点で中国は遠く及びません。

したがって米国株に大きく投資できる全米型の投資信託か、よりリスクを抑えたければ全世界型投資信託を選択するのが良いでしょう。

まとめ

今すぐ、つみたてNISA制度を用いて、米国株に投資する投資信託を購入しましょう!